男性にもてたい女性にもてる女になる方法を伝授

男性に何でも決めてもらっていませんか?

スポンサーリンク

デートの行き先などを決めるときに、何でもかんでも男性に頼りすぎていませんか?
たとえば、男性に「どこにいきたい?」と尋ねられたとき、どのように答えているでしょうか?
もしかして、「どこでもいいよ」「任せるよ」などと答えてしまっていませんでしょうか?

 

あるいは、「何か食べたいものある?」と男性に尋ねられたときに、
「何でもいいよ」などと答えてしまっていませんか?


これらは、「男性にもてるために避けたいNGワード」でもご紹介したとおり、男性の気持ちを離れさせてしまう言ってはいけない言葉です。
このような態度では男性に嫌われてしまいかねません。

 

確かに、男性を立てるという姿勢は大事ですが、何でもかんでも男性に決めてもらって、自分は何も考えないのは、男性を立てるということではないのです。
ここを勘違いしてはいけません。

スポンサーリンク

決断力のある、リーダーシップのある男性というのは、もてるものですが、実は、男性にとっては、決断するということは、結構エネルギーがいるものなのです。
ですので、その負担を軽減してあげるためにも、男性に任せきりにしてしまうばかりではなく、私たち女性も協力して決めましょう。

 

たとえば、先ほどの例で、男性に「何食べたい?」と聞かれたら、
「私は、パスタが食べたいな?〜クンは?でも、〜クンと一緒なら何食べても楽しいな」
などと答えるのが適切だと思います。


このようにすれば、男性の決断するための負担を軽減してあげることもできますし、それに加えて、男性をたてることもでき、同時に男心をくすぐることもできます。

 

デートプランや食べるものなどを決めるときには、男性にまかせきりにせずに、男性に協力する姿勢を見せながらも、最終的には男性を立ててあげるのが最善の方法だといえるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加