男性にもてたい女性にもてる女になる方法を伝授

男性がされたい女性からのスキンシップ

スポンサーリンク

男性と女性との親密度をいっきにあげる方法があります。
それがスキンシップです。
もてる男性もこれをうまく活用していますが、男性からしたら、なかなか使いこなすのが難しいようです。

 

これは、男性からすると、一歩間違えると「セクハラ」になってしまうからです。
ですので、男性は、スキンシップをとるかどうか。
また、いつなら自然にスキンシップをとれるかというタイミングを計っています。


この点、自分はもてるという自負のある、もてまくりな男性であれば、セクハラになるなんて思わずに、うまくスキンシップを使いこなすのですが、そのような男性ばかりではありません。

 

では、我々女性も、積極的にスキンシップを仕掛けていってもいいのではないでしょうか。
女性からスキンシップを仕掛けても、「セクハラ」といわれることはまずありません。
安心して、できますね。
かといって、女性側から積極的にというのは、勇気が必要かもしれませんが。

スポンサーリンク

簡単なのは、「男性がされてうれしい女性からのアプローチ」でも紹介しましたが、
「私、マッサージうまいよ」といって、男性の肩をもんであげるとよいでしょう。
これなら、簡単ですし、自然にできます。

 

また、「手相見てあげる」などといって、男性の手を握るのも自然でしょう。


他には、デートにまで進展するような関係になれば、女性側から、
「私、迷子になるから、手握って」と男性の手を握ってあげると良いでしょう。

 

男性は、デートの際、いつ女性の手をつなぐかということにかなり神経を使っているものです。
もし、相手の男性を気に入ったのなら、女性から仕掛けて、手をつないであげましょう。
そうすれば、二人の距離は一気に進展します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加