モテるためのメールの送り方

スポンサーリンク

メール一つでモテるモテないが大きく関わってくることがあります。
男性は基本的にメールを打つのがめんどくさいと思っているので、相手に合わせたメールを打たないといけません。


男性はめんどくさいと思う以外にも、メールの内容に興味がない場合や返信しなくてもいいと考えたら、返してくれない人が多いです。
こういう男性にメールを送るなら一工夫したメールを送れば、返信してくれる確率はグンと上がり、二人の仲を深められると思います。
どんなメールにすれば良いかというと、長文ではなくまとまった短文で、デコや絵文字をいっぱいに使わず、読みやすいようにするのが基本になります。

スポンサーリンク

そして、定番の質問系や相手に「返信しなくちゃ」と思わせるために、期限が決まっているような内容にするのもいいでしょう。
例えば「この日の予定はどう?」という風に、その日までにしてもらうように仕向る方法や男性の趣味の話を織り込んで、語らせるように持っていくのもいいかもしれません。
それでも返信がなかった場合は、数日後に話題を変えて改めて送ればいいと思います。
モテるためには、自分ばかりではなく、相手から多くメールをさせるように仕向けないといけないでしょう。

 

逆にダメなのが、「今○○しているよ」みたいな日記風なメールや相談や愚痴メールなどは、どんなことを書けばいいのか悩んでしまって、面倒になるなど返信が必要でないと判断されるのではないでしょうか。


思わず返信したくなるようなメールを送るのは難しいですが、絶対にしてはいけないのが催促のメールです。
どうしても今すぐ伝えたいことがあれば、電話を使えばいいので、モテるためにメールと電話の使い分けをしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加