男性にもてたい女性にもてる女になる方法を伝授

質問することで好意は伝わる

スポンサーリンク

貴女は、相手の男性のことを好きだという気持ちを伝えるときに、どのような手段をとりますか。
ストレートに「好きです」と言いますか。
世間的には、こういった好意は「告白」とよばれますが、自分の気持ちを伝えるときに、必ずしも告白をする必要はないのです。


ストレートに自分の気持ちを伝えることは、勇気のいることですし、その行為自体はすばらしいと思います。
貴女の意を決した覚悟の表れですよね。

 

しかし、告白をしてしまうと、つまり「私はあなたのことが好きです」と伝えると、そこには「俺もおまえのことが好きだ」と「ごめんなさい」の2択を相手の男性に対して迫ることになってしまうのです。

スポンサーリンク

ここでは、そうならないために、男性に対して、個人的なトピックを中心とした会話をおススメします。
男性との会話において、質問中心で行うことのメリットは
男性との会話は質問中心にしよう
でお伝えしたとおりですが、その質問内容を男性に関する個人的なことにすることによって、自然と、男性に対する気持ちをぼかしながら伝えることができるのです。


個人的な質問をかけられた男性は、「俺の個人的なことにかんする質問をしてくるということは、俺に興味があるのかな?もしかして俺のこと好きなのかな?」とうっすらと、貴女の行為に気付くことができるのです。

 

このようにして、小出しで、自分の気持ちを伝えていくことができれば、もはや、「告白」もしなくても良いかもしれませんね。
相手のことも知ることができて、自分の気持ちも伝えられて、しかも、伝えてもいきなりOKかNGかの二択にならずにすみます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加