「好き」と言わずに好意を伝える方法

スポンサーリンク

「好き」と言わずに気になっている男性に好意を伝える方法はいくつかあります。
その中でも大きな効果かあると言われるのは“目”で訴えることです。


笑顔を相手に見せて「この人は、俺のこと好きなのかな」と思わせることができますが、その笑顔の中でも大事なのが目で、男性に好意を伝えるだけではなく、逆に「好きなのかな」と思わせることも可能なのです。
その方法は単純で、相手の目をじっと見つめるだけでよく、モテる女はよくこの方法を使っているでしょう。

 

よく昔から目が合ったらドキドキしたり、意識したりと聞きますよね。
それに、相手に真剣に話を聞いてもらいたい時は、相手の目を見て話すと思いますが、それと同じで、あまり面識がない人に「この人は何で、いつも見ているんだろ」とまず認識させることができます。

スポンサーリンク

よく知らない人に見られると緊張するのですが、それを逆手に取って、緊張をドキドキに錯覚させるのも狙いになっています。
錯覚させると向こうは、あなたのことを好きだと思い込んでしまっているはずですし、何かのキッカケを与えてあげれば、向こうからアピールしてくるかもしれません。
ですが、モテるためには、鋭い目つきで訴えるより、力が抜けたとろんとした目で訴えないと、逆に「怖いなぁ」「嫌われてるのかな」と思われる可能性があるので注意して下さい。


そういう風にして、直接好意を伝えずに、好きでいてくれる男性を作っていくことは可能ですが、色んな人に同じような目で見るのは控えた方がいいでしょう。
多くの男性は、“自分だけの人”であって欲しいですし、誰に対しても同じことをして、やり過ぎていると悪い噂が流れることや引かれるでしょう。
意中の相手にだけに好意を伝えるために、このモテる方法を使って下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加