わざと隙を作ってモテる女になる

スポンサーリンク

いくら綺麗な女性で完璧であってもガードが堅すぎると男性が近寄りがたくモテてるようで、実際にモテる訳ではありません。
うまく男性を引きよせるには、わざとに隙を作って、男性を近づけさせるのも一種のモテる方法だと思います。


ただわざとに隙を作るのは難しいですが、隙がある女性の特徴はどこか抜けた人や明るい人に見られる傾向で、これを模倣してみてもいいかもしれません。
隙がない女性と言えば、完璧な人以外にもサバサバした人やクールな人など、男性から見て女らしさがないというより、嫌われそうな人に見えています。
あまりリスクを掛けたくない人が多いので、男性から話掛け辛く、他の話しやすい人にアピールするのです。

スポンサーリンク

では、どのように隙を作ればいいのかというと、柔らかい雰囲気を作るために、笑顔でいるようににして、話す時も笑う自分であればいいでしょう。
どうしても堅い雰囲気の人は、笑わないイメージがあるので、笑うことによって、それが崩されることで隙が生まれて、男性が近寄りやすくなりモテるようになるのです。


癒し系と言われるようなおっとりした人は、ガードが堅い人の真逆にいるような人でよく男性に声を掛けられると思います。
そこまでなる必要はないと思いますが、「こんなに美容にもオシャレにも気を付けているのに、あんまり男性に声掛けられないな」と思ってる方はよく笑うことをお薦めします。
心に余裕を持つようにして、男性を近寄らせる隙を作って、モテて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加